Dockerに入門してみる

新しいマシンもらったときだけのことだけど、
PHPのWEB開発環境をローカルで構築するの面倒くさかった。
Apache入れてPHP入れてMySQL入れて・・・

そのうちXAMPP使うようになって楽だけど・・・
「本番環境のバージョンに合わせたい」や「最新バージョンの機能を使いたい」など
普段の開発環境とは異なるサーバ構成を試したいときがあるよね!

そんなときはDocker!

基本的には
docker-compose.yml
作ってDockerのターミナル立ち上げて
docker-compose up -d
だけで開発環境構築完了!みたいな感じ。

インストール

MyMachineはWindows10 HOMEエディションだから
Docker Toolboxインストール
https://docs.docker.com/toolbox/toolbox_install_windows/

DockerQuickstartTerminalでGO!

docker-compose.yml作成

作業ディレクトリを作成

C:\Users\S\docker\sample

※ユーザのホームディレクトリ以下に作成するが吉。

Docker Hub(https://hub.docker.com/)でいろんなImageを配布してるよ。
例えば、PHPのオフィシャル(>https://hub.docker.com/_/php/)から「7.2-apache」

C:\Users\S\docker\sample\docker-compose.yml

コンテナ起動

// カレントディレクトリ確認

// docker-compose.ymlのあるディレクトリに移動

// 全コンテナ起動

// 起動コンテナ確認

ディレクトリ構成

【HTTPアクセス】

// IP確認

http://192.168.99.100

Forbiddenだ。。。

※コンテンツが無いからね!

【index.html作成】
C:\Users\S\docker\sample\html\index.html

【コンテナ再起動】

コンテナ全停止

コンテナ全起動

http://192.168.99.100

【終了】

コンテナ全停止

コンテナ強制全削除

お疲れ様でした。

※windowsシャットダウン時にVirtualBox Interfaceが邪魔するけど
タスクマネージャーで強制終了でいいか。。。

他にできること

※複数のコンテナを連携させることもできるよ。
MySQLコンテナと連携すればLAMP環境完成!

※Dockerfileを書けばベースImageに手を加えることもできるよ。
例えば、PHPにオプションを設定するとか

※ベースとなるImageで立ち上げてから各種アプリケーションをインストールできるよ。
ImageのディストリビューションによるけどLinuxコマンド使えるからね。

※改造したヤツをImageとして保存しておけば再利用できるよ。
docker commit

※複数のマシンを別IPで立ち上げることができるよ。
docker-machine create

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする