Laravel

PHP

Laravelでバリデーション処理

Laravelのバリデーションは失敗したら自動でリクエスト元にリダイレクトしてくれて便利です。 基本的な「コントローラーでバリデーション処理」とコントローラーから分離して「FormRequestでバリデーション処理」についてまとめておきます。
PHP

Laravel PassportでアクセストークンによるAPI認証

OAuth2サーバの実装を提供するLaravel Passportを使ってアクセストークンによるAPI認証をやってみよう!「Laravel5.8でユーザ認証」まで出来ているところから始めます。 開発環境 LaradockLar...
PHP

Laravel 5.8 でMulti-Auth

WEBシステム開発では多くの場合、一般ユーザと管理者の編集者が必要となるので前回のUSERログインとは別にADMINログインを追加してみましょう。管理者の登録やパスワードリセットは不要とします。 開発環境 LaradockLa...
PHP

Laravel 5.8 でメール認証付きユーザ認証

Laravelでは認証機能(Auth)が標準で実装されているので簡単にWEBシステムに必要なユーザ認証ができます。通常のユーザ認証は①ユーザ登録で仮登録②メールアドレスにメールが届き、リンクをクリックすることで本登録とすることでメールアド...
Docker

DockerでLaravel開発環境-Laradock

PHPフレームワークLaravelでWEBシステム開発するためのDockerによる開発環境Laradockを使ってみる。For Windows。 必要なもの dockerdocker-composegit 構築環境 ...
PHP

PHPフレームワークLaravel5.6でCRUD~UPDATE&DELETE編

ResourcefulルーティングでのUPDATE機能はeditメソッドとupdateメソッドをDELETE機能はdeleteメソッドをそれぞれ実装します。
PHP

PHPフレームワークLaravel5.6でCRUD~READ編

ResourcefulルーティングでのREAD機能はコントローラーにshowメソッドを実装して個別ページを表示させましょう。
PHP

PHPフレームワークLaravel5.6でCRUD~CREATE編

ResourcefulルーティングでのCREATE機能はコントローラーにcreateメソッドとstoreメソッドを実装します。簡単な登録フォーム(View)を作ってバリデーション機能も確認してみましょう。
PHP

PHPフレームワークLaravel5.6でCRUD~準備編

CRUD(クラッド)は「Create」「Read」「Update」「Delete」の頭文字を並べた用語。WEBシステム開発の基本機能だからLaravel5.6でどう実現するか簡単なケースを例に順を追って試してみる準備編。
PHP

人気No.1のPHPフレームワークLaravel5に入門してみる

デフォルトでユーザ認証までついてるLaravel5にXAMPPで入門。プロジェクト作成からエラーメッセージ日本語化を含む各種設定、ユーザ認証とルーティングについて確認していきます。
タイトルとURLをコピーしました