Laravelの管理画面をvue-routerを使ってSPA化

前回はVuetify/DrawerメニューでLaravelの管理画面を作成しました。今回はvue-routerをインストールして管理画面をSPA(Single-Page Application)化してみましょう。

開発環境

Laradock v10
Laravel 7
Vue 2.6

vue-routerのインストール

# npm install vue-router

found 2 vulnerabilities (1 low, 1 high)
  run `npm audit fix` to fix them, or `npm audit` for details

脆弱性のあるパッケージが2個。
とりあえず自動修正します。

# npm audit fix

fixed 1 of 2 vulnerabilities in 1098 scanned packages
  1 vulnerability required manual review and could not be updated

1つ解決、あと1つは手動で・・・

# npm audit

laravel-mixのyargs-parserらしいが無視することにしてインストール完了とします。

Bladeテンプレート

==================================================
SPAでのBladeテンプレートはひとつだけです。
resources/views/layouts/user.blade.phpをコピーしてresources/views/user.blade.phpを作成し、v-containerタグ内を変更します。
router-viewタグでコンポーネント呼び出しをvue-routerに任せます。

<!doctype html>
<html lang="{{ str_replace('_', '-', app()->getLocale()) }}">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

  <!-- CSRF Token -->
  <meta name="csrf-token" content="{{ csrf_token() }}">

  <title>{{ config('app.name', 'Laravel') }}</title>

  <!-- Scripts -->
  <script src="{{ asset('js/app.js') }}" defer></script>

  <!-- Fonts -->
  <link rel="dns-prefetch" href="//fonts.gstatic.com">
  <link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Nunito" rel="stylesheet">
  <link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Roboto:100,300,400,500,700,900" rel="stylesheet">
  <link href="https://cdn.jsdelivr.net/npm/@mdi/font@4.x/css/materialdesignicons.min.css" rel="stylesheet">

  <!-- Styles -->
  <link href="{{ asset('css/app.css') }}" rel="stylesheet">
  <link href="{{ asset('css/user.css') }}" rel="stylesheet">
</head>
<body>
  <div id="app">
    <v-app>
      <user-header-component></user-header-component>
      <v-content>
        <v-container>
          <!-- 変更 -->
          <router-view></router-view>
        </v-container>
      </v-content>
      <user-footer-component></user-footer-component>
    </v-app>
  </div>
</body>
</html>

Laravelのルーティング

/user以下のアクセスはすべてuser.blade.phpを表示するというルーティングを設定します。

routes/web.php
-----
Route::middleware('verified')->group(function() {
//    Route::get('/user', 'User\HomeController@index')->name('user');
    Route::get('/user/{any?}', function() {
        return view('user');
    })->where('any', '.*');
});
-----

Vueコンポーネントを作成

Vuetify/Drawerサンプルに合わせて
DashboardComponent.vue
AccountComponent.vue
AdminComponent.vue
をresources/js/component/User以下に作成してみます。

resources/js/component/User/DashboardComponent.vue
-----
<template>
<div>
  <h1>UserDashboard</h1>
  <p>Test</p>
</template>
-----

resources/js/component/User/AccountComponent.vue
-----
<template>
<div>
  <h1>UserAccount</h1>
  <p>Test</p>
</template>
-----

resources/js/component/User/AdminComponent.vue
-----
<template>
<div>
  <h1>UserAdmin</h1>
  <p>Test</p>
</template>
-----

router.js

app.jsに直接記述してもいいのですが煩雑になるのでresources/js/router.jsを作成してapp.jsで読み込むことにします。
使用するVueコンポーネントをimportしてroutesを設定します。

resources/js/router.js
-----
import Vue from 'vue'
import Router from 'vue-router'

import UserDashboard from './components/User/DashboardComponent'
import UserAccount from './components/User/AccountComponent'
import UserAdmin from './components/User/AdminComponent'

Vue.use(Router)

export default new Router({
    mode: 'history',
    routes: [
        {
            path: '/user',
            redirect: '/user/dashboard'
        },
        {
            path: '/user/dashboard',
            name: 'user-dashboard',
            component: UserDashboard,
        },
        {
            path: '/user/account',
            name: 'user-account',
            component: UserAccount,
        },
        {
            path: '/user/admin',
            name: 'user-admin',
            component: UserAdmin,
        },
    ],
})
-----

直観的にどう設定するのかわかりますね!
/userでアクセスされたときは/user/dashboardにリダイレクトさせています。

app.js

作成したrouter.jsを読み込みます。
①と②を追加するだけです。

resources/js/app.js
-----
require('./bootstrap');
window.Vue = require('vue');

import router from './router';	// ①
import Vuetify from 'vuetify';
import 'vuetify/dist/vuetify.min.css';
Vue.use(Vuetify);

Vue.component('user-header-component', require('./components/User/HeaderComponent.vue').default);
Vue.component('user-footer-component', require('./components/User/FooterComponent.vue').default);

const app = new Vue({
    el: '#app',
    router,						// ②
    vuetify: new Vuetify()
});
-----

※必要なものだけを抜粋

完成

http://localhost/user/にアクセスして右メニューのリンクをクリックして各Vueコンポーネントが表示されるか確認しましょう。

laravel-vue-router

router-linkタグでリンク

vue-routerを使ってVuetify/Drawerで作成した管理画面をSPA化してみました。
ここではVuetify/v-list-itemのプロパティで設定でリンクを生成しましたが、もちろん単独でも使用できます。

<router-link to="/user/dashboard">
  UserDashboard
</router-link>

router.jsで設定したルートをバインドとして

<router-link :to="{path: '/user/admin'}">
  UserAdmin
</router-link>

router.jsで設定した名前付きルートをバインドとして

<router-link :to="{name: 'user-account'}">
  UserAccount
</router-link>

パラメータとして値を設定することもできます。

<router-link :to="{name: 'user-account', params: { id: 1234 }}">
  UserAccount
</router-link>

リンク先では this.$route.params.id みたいな感じでパラメータを受け取ることができます。

Dynamic Import

router.jsではルートを設定するとともに使用するコンポーネントをインポートしなければなりません。
これはDynamic Importを使用することで省力化できます。
router.jsをDynamic Importを使って書き直してみましょう。

resources/js/router.js
-----
import Vue from 'vue'
import Router from 'vue-router'

function loadComponent (view) {
    return () => import(`./components/${view}.vue`)
}

Vue.use(Router)

export default new Router({
    mode: 'history',
    routes: [
        {
            path: '/user',
            redirect: '/user/dashboard'
        },
        {
            path: '/user/dashboard',
            name: 'user-dashboard',
            component: loadComponent('User/DashboardComponent'),
        },
        {
            path: '/user/account',
            name: 'user-account',
            component: loadComponent('User/AccountComponent'),
        },
        {
            path: '/user/admin',
            name: 'user-admin',
            component: loadComponent('User/AdminComponent'),
        },
    ],
})
-----

コンポーネントのディレクトリをUserに限定するなら

    return () => import(`./components/User/${view}.vue`)
・・・
            component: loadComponent('DashboardComponent')

さらにコンポーネント名を限定するなら

    return () => import(`./components/User/${view}Component.vue`)
・・・
            component: loadComponent('Dashboard')

などと工夫することで楽になりますね!

ただし、Dynamic Importはフロントはapp.js、管理画面はuserapp.jsなどアプリ全体で複数のVueインスタンスを使用する場合は利用できませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました